オリジナル紙袋販売サイトランキングBEST6

各社の総合評価早見表

Home > 紙袋のコラム > 紙袋はオリジナルで制作することができる

紙袋はオリジナルで制作することができる

 紙袋は市販で購入するだけでなくオリジナルを作成することができます。業者に依頼をするときにおすすめの方法がインターネットサイトを利用した方法です。見積をインターネットで依頼することができ見積を確認してから発注をすることができます。複数の業者から見積もりを取得して比較することがおすすめです。オーダーには、フルオーダーやセミオーダーと発注をすることができます。フルオーダーでは完全オリジナルの紙袋を作成することができます。フルオーダーのメリットは横幅やマチ幅、高さをフリーサイズで選ぶことができるという点です。印刷の色を自由に選ぶことができ、利用する用紙も選ぶことができます。表面加工も指定できるため光沢があるものを選んでみたり逆に光沢を抑えたマットタイプを選ぶことも可能です。

 紐には紙紐からアクリル製の紐、プラスチックの紐と選ぶことができます。また紐を取り付ける方法も機械でやるものから人の手で付ける方法まで選ぶことが可能になります。ショップなどに利用したい場合には大きな商品のサイズに合わせてサイズを選んだり、重量があるものには丈夫な用紙が厚手のものを選んだりと利用する方法によって幅広い組み合わせから選択することができます。フルオーダーは裏と表でデザインを変えることも可能になります。セミオーダーでは既成サイズから選ぶことになるためフルオーダーよりも安価な金額で製作をすることが可能になります。またフルオーダーよりも短期間での納期が可能となり、ロット数が少なくても発注が可能になります。コストをなるべく抑えたい、それほどこだわりがない場合やロット数が少ない場合にはセミオーダーの利用がおすすめです。

 オリジナルの紙袋は大量に作るほどコストが安くなります。一度に使う予定がある場合を除き心配な点は在庫する場所です。リピート発注も可能ですがコストを抑えたい場合には一度の注文で大量に製作する方法です。業者によっては保管サービスがありますので利用がおすすめです。有料サービスですが、企業の保管スペースの確保が不要ですしすでに制作済みなので制作から出荷までのロスが必要なく依頼をすればすぐに出荷してもらうことが可能です。業者選びに迷っている場合にはコストも大切ですがフォローも確認しておきます。業者によってはコストを抑えるために海外工場オンリーという場合もありますが、総発注数の一部だけ急ぎでほしいという場合もあります。業者によっては急ぎ分だけ国内生産で残りを海外生産にしてコストを極力抑えてくれるところもあります。業者を選ぶときには臨機応変の対応ができる業者を選ぶことがおすすめです。

次の記事へ

カテゴリー