オリジナル紙袋販売サイトランキングBEST6

各社の総合評価早見表

Home > 紙袋のコラム > 女性が紙袋を溜め込んでしまう理由

女性が紙袋を溜め込んでしまう理由

 女性の多くは、何か買い物をした時に入っていた紙袋を大事に残しているのではないかと思われます。ブランド品を買った時の袋であれば、紙袋といえどもそこにはブランドの名前が記載されており、それだけで値打ちものだと感じられるからです。高級ブランド品が入っていたものでなくても、いつか使い道があるかもしれないと思って残しておく人が大半です。そして、実際にちょっとしたものをプレゼントしたり、何か渡す必要があるときには、残しておいた中からこぎれいな物や、使用目的にマッチした物を選んで、それに入れて渡します。男性の場合、品物を渡すにあたって、商品そのものをじかに渡す人が多いのは、却って荷物が増えると考える人が多いからでしょう。女性の場合、バッグの大きさが限られているため、手提げ袋は必需品です。

 最近では、資源のリサイクルとして紙を新聞、段ボール、その他の紙とに分け、分別して収集しています。そのうち、その他の紙というのは、例えば雑誌であったり、通販カタログであったりといった本の様相を成している物もあれば、お菓子やレトルト食品などが入った紙箱も該当します。家庭の中で出るその他の紙というのは意外と多く、これらを集めることでリサイクルができ、地球環境にも役立ちます。その際、紙を入れる袋はやはり紙でないとということで、ここでも紙袋が役立ちます。雑誌などを入れるとなると、かなり大きめのサイズが必要になりますが、それ以外の細々とした箱類の紙でも、それなりに溜まっていくので大きいサイズの袋が必要になります。袋がないと、資源リサイクルのために溜めておくのも困難ですので、ここでも大いに役立ってくれます。

 人に物を渡すときや、通勤や外出時などにハンドバッグでは入りきらないというようなとき、紙袋があると助かります。物を渡すときは、袋自体が体裁を良くしてくれることがかなりありますので、贈り物とセットになったものが欲しいところです。その他にも、資源を回収するための入れ物として使ったり、おしゃれなデザインであれば、加工してブックカバーにしたり、解体して包装紙に使ったりもできます。いざという時、入れるものがないとなるとけっこう困るので、女性の多くが紙袋をストックするのでしょう。実際に困った経験がある人はもちろん、もったいながりであったり、心配性な性格の人は、家の中の一角にしっかりと残していると思われます。サイズもいろいろ必要ですので、ストック場所はそれなりに必要になりますが、あると安心なアイテムであることは間違いありません。

次の記事へ

カテゴリー